スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪ひいた風です

あれーなんか、凄い頭いたいや。。
なんだこれは!

私今やりたい事沢山あるのに。
ノロマだから凄く一つづつ時間かかるのに。
風邪なんて引きたくないよ。

私ってきょくたんだなあ。

自分にイライラしちゃうな最近。

イライラするの嫌だから元気にしよう!としてたら、何か余計ダメになってきちゃった。

前はビックリするくらいなんでも猛スピードで出来たのに、
今は馬鹿みたいにノロマだ。
ほんとやんなっちゃうな。

あーーれ!?

何か咳でてき…た…。

風邪なんてどっかえとんでいけ!!!!

病は気から。

床に沈み込んでいくこの感覚を、
早くとめなくっちゃ。

明日は朝からミシンと遊ぼう。

え!ねえ!それって!服じゃないってことなのかい!!??

前に、星読みってのをしてもらった時に、
私がいちばん興味を持ち、成功することは大人になってから出会うものだって言われて、
「え!私小学生ん時から服つくってるんだけども!!」
と思って、
今度は預言で、
「まだあなたの気づいていない美しい才能を私は育てていきます。」
って言われて、
「え!やっぱ違うの!ねえ!ちょっと!ちょっと!」
と思いまして、
でも、それ以外のこと…
全然思いつかんけど!

どうゆうことなんやろー

わかんないし、
服つくりたいからつくるけどね。

でもその何か別のもののほうが、
私らしくて、もっともっと私が違和感を感じないものなんだったら知りたいなあ。

自分で見つけられますように☆

預言カフェ

今日、
預言カフェというカフェに行ってきました。
預言カフェはアライズ東京キリスト教会というプロテスタントの教会が運営されているカフェです。

すごくおいしいコーヒーが飲めて、
「預言」も受けることができます。コーヒー以外にはお金がかからないです。

預言は急にはじまります。
コーヒーを飲んでると、横に40代くらいのとってもやさしい空気をしたおばさんが座って、
私の名前も、年齢も何も聞かずにはじめます。

はじめに「これは占いや、不思議な力などではなくて、主の教えに基づいた預言です」とだけ説明してくれます。

私のいただいた預言。全部で二分丁度。

主が言われます。私の愛する娘よ、私はあなたを喜んでいますよ。と主が言われます。
娘よ、自分がこのようにして、こうあるべきと、あなたが
「型にはめられたくない。私はこんなもんじゃない」
と、あなたが、その、親に向かって、小さいときに意味も分からず、言っていた、
あなたのそのストレートな思いを主は喜んでいます。

主が言われます。
娘よ、あなたが一歩一歩、自分の道を極めたいと、歩んできたあなたのその心と、身体を私は強めていきます。
このようにしてきたと、ここまであなたが歩いてきたと、これが私の努力だと、
あなたが語っている、あなたのその心を私は知っています。そして、喜んでいます。

あなたが頑張り屋さんであって、自分が受けとって来たものに対して、
いつも正しく、まじめに向き合ってきたこと、おろそかにしなかったこと、
四角い物を丸く入って終わりするような人じゃないこと、
しっかりとそのことを味わい尽くす、
あなたのその突き詰めようとする心を私は喜んでいます。

もっともっと、
あなたが、あなたであること、
あなたがもっと自分を表わしてしていけるように、
また、あなたがまだ、見ていないあなたの内にある美しい才能を私はちゃんと育てていきます。

娘よ、これからの歩みが、本当にスッキップするような楽しいものであることを知ってください。と主が言われます。
あなたが、もしかすると、大変な目に遭うかもしれません。
こうありたい、こうやりたい、と思っていてもそこに道ができないと、閉ざされたと思う思いに襲われるかもしれません。
けれども娘よいつもいつも、そのあなた自身が、創られたということ。
それは、私の娘として本当に大事な存在としてこの世に生まれてきたことを知ってください。
そしてその、目の前に閉ざされた壁をも、私があなたと共に歩むときに道ができることを知ってください。と主が言われます。
あなたが一歩一歩階段を上るように、あなたが高みまで上がれるように、私はあなたをゆっくりゆっくり育て、励まし、成長させます。そのことを期待してください。と主が言われます。



預言が始まった瞬間。体の周りを、キラキラした透明の薄い、あったかい膜につつまれたみたいになって。
心の内側から誰かが話しかけるみたいに、何か発してきているみたいな、
何だかもうよくわからない、すごい感覚になって、
涙が止まらなくなった。

私は宗教を信仰することはないけど、
神様は信じていて、

う~んなんて言ったらいいかわからないけれど、
こんな風に、
私が正直に生きようと、いままで26年間ジタバタしてきたことを、
ずっと見てきてくれた人が居て、
それはきっと「神様」っていう存在以外にも、
おかあさんや、お父さんや、ななちゃんや、
友達や、仲間や、
そんな人たちが居るんよなって、改めて思うことができて、
こんな風に見えててくれてるんだったら、
これからもがんばりたいし、見ていてほしいな、
もっと喜ばせたいなって思いました。

だって、、、、
私はこれからも生きていくんだもの!

そんなに悪いもんじゃないさ

あー…よくわからないなあと思ったり。
うーむ、何だか嫌だなぁと思ったりする言葉ってあるけれど、

その一つずつに自分で新しい意味をつくれば、どんな言葉だって生まれ変わる。

世の中好きなものが多いほうがお得だもん。

その分優しくもなれる気がする。

じぶんなりの解釈で。

それを続けられれば、

また何か変わる気がするなあ。

男の子と女の子

くるりの「男の子と女の子」という歌がすきです。

僕たちはみんないつでもそうです
女の子のことばかり考えている
女の子はわがままだ よくわからない生きものだ
でもやさしくしてしまう 何もかえってこないのに

小学生くらいの男の子と女の子
男の子同士の遊びは楽しそうだ
割って入ってくる女の子はふてくされ
こんな世界はつまらないと ひとりで遊ぶ

小学生くらいの男の子
世界のどこまでも飛んでゆけよ
ロックンローラーになれよ
欲望をとめるなよ
コンクリートなんかかち割っちまえよ
かち割っちまえよ

僕たちはだんだん齢をとる
死にたくないと考えたりもする
愛する人よ もうすぐ気付くだろう
僕のやさしさもだんだん齢をとる

大人になった女の子
僕をどこまでも愛してくれよ
何も余さないで
好きだという気持ちだけで 何も食べなくていいくらい
愛しい顔をみせてくれよ



岸田さんの音楽はあったかいけどとてもロックです。

プロフィール

chibiccomarippe

Author:chibiccomarippe
犬塚麻里といいます。

服を作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。